LOCHERBER ロッケルベル 100%本物 ルームディフューザー 25%OFF リフィル 250ml KLINTO1817 クリント

LOCHERBER ロッケルベル ルームディフューザー リフィル クリント(KLINTO1817) 250ml

美容・コスメ・香水 , アロマ・お香 , アロマディフューザー,クリント(KLINTO1817),LOCHERBER,ルームディフューザー,リフィル,4605円,becomebusy.eu,/chimerical835020.html,250ml,ロッケルベル 4605円 LOCHERBER ロッケルベル ルームディフューザー リフィル クリント(KLINTO1817) 250ml 美容・コスメ・香水 アロマ・お香 アロマディフューザー LOCHERBER ロッケルベル ルームディフューザー 25%OFF リフィル 250ml KLINTO1817 クリント 美容・コスメ・香水 , アロマ・お香 , アロマディフューザー,クリント(KLINTO1817),LOCHERBER,ルームディフューザー,リフィル,4605円,becomebusy.eu,/chimerical835020.html,250ml,ロッケルベル LOCHERBER ロッケルベル ルームディフューザー 25%OFF リフィル 250ml KLINTO1817 クリント 4605円 LOCHERBER ロッケルベル ルームディフューザー リフィル クリント(KLINTO1817) 250ml 美容・コスメ・香水 アロマ・お香 アロマディフューザー

4605円

LOCHERBER ロッケルベル ルームディフューザー リフィル クリント(KLINTO1817) 250ml




香り:フレッシュ・フルーティー
原産国:イタリア
内容量:250mL
全成分:アルコール、香水、水、天然木
商品紹介 天然木が、吸い上げたフレグランスをお部屋に拡散させるルームディフューザー用のレフィル
■デザインと芸術の発祥の地であるミラノで、1972年に創業した[ロッケルベル]は極上のリビング空間を提案するフレグランスブランドです。
■シンプルで洗練されたフォルムでありながら、ディテールにこだわったイタリアならではのクラフトマンシップが息づいています。
■この香りはヨーロッパ全体に広がったブドウの樹の病気を救うため、1817年にアメリカから運ばれてきた2種類のブドウの樹が、ヨーロッパの樹と掛け合わされて新しく誕生した[クリントワイン]へのオマージュ。
■鮮やかなブドウのバイオレットカラーと、甘酸っぱいストロベリーのフレッシュさが特徴の果実味あふれる[クリント]の香りを再現しました。
■カシス、ラズベリー、ブラックカラントのジューシーな果実を、トリュフ、バニラの芳醇さとまろやかさが包みこみ、19世紀のワイン物語の旅路へといざないます。~香りの香調~トップノート:カシス、グレープ、ブラックカラント、オレンジミドルノート:トリュフ、ラズベリー、バイオレット、スイカズラ ベースノート:バニラ、シダー 原材料
■成分 アルコール、香水、水、天然木 ご注意(免責)必ずお読みください
■木製のキャップ部分は外れやすいので、ボトル本体を持ってください
■ボトルが倒れないように安定した平らな場所に置いてください
■ペットやお子様の手の届かない場所に保管してください
■燃えやすい物の側や倒れやすい所(状態)では使用しないでください
■極端に高温または低温、多湿な場所、直射日光のあたる場所を避けて保管してください
■液体に触れた場合はすみやかに洗い流してください
■液体が家具などに付着した場合はすみやかにふき取ってください
■万一水分や異物が混入した場合、液体が濁ることがありますのでご注意ください
■天然香料が含まれているため、時間とともに澱(オリ)や浮遊物が発生し液体が濁ることがありますが人体に害はありません
■本品は飲み物ではありません
■内容
■成分
■パッケージが変更になる場合があります

商品コード13043173171
商品名LOCHERBER ロッケルベル ルームディフューザー リフィル クリント(KLINTO1817) 250ml
※他モールでも併売しているため、タイミングによって在庫切れの可能性がございます。その際は、別途ご連絡させていただきます。

LOCHERBER ロッケルベル ルームディフューザー リフィル クリント(KLINTO1817) 250ml

2022年4月30日 (土)

【ゲームetc.】 間が空きすぎました・・・! 【日常】

気が付けば、三ヶ月も何も書いていませんでした!(;゚Д゚)

その間にも色々やってはいたんですよ・・・?

今回はそんなお話を纏めて・・・(;´∀`)

 

餅つき機「かがみもち」 RM-301SN

| | コメント (0)

2022年1月28日 (金)

【おやすみ前のエオルゼア】終幕と新しい開幕へ。(※ネタバレあり!)

先日も書きましたが、長く続いた「ハイデリン・ゾディアーク編」の終焉を飾る『暁月のフィナーレ』も無事ひと段落つき、ネタバレの解禁も行われ、皆さん、色々とお話が盛り上がっていたかと思います。

あたしもそりゃあもう楽しみましたから、書きたいことはいっぱいい~っぱいありますよ!

しかし、それをうまく言語化はなかなか・・・(;´Д`)

今日はそんなお話。

(ネタバレ解禁とはなりましたが、まだまだプレイ中の方もいるでしょうから、お気を付けください!)

 

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年1月 1日 (土)

【ブログ】 2022年もよろしくお願いします。 【日常】

(新年、FCメンバーと一緒にご挨拶)

 

明けましておめでとう御座います、さやです。

2022年最初の更新です。

世の中が少し落ち着いたような、また落ち着きが遠のきそうな、そんなどちらともつかない雰囲気ではありましたが、新しい年を迎えられることが出来ました。
今年こそは世の中が落ち着くことを祈りつつ、エオルゼアでご一緒している皆さん、それ以外でご一緒している皆さんにとって、エオルゼアでも現実の生活でも実りと楽しみが多い良い一年になりますように!

 

とまぁ、世の中としてはまだまだ安心しきれない所ではありますが…

それでも毎年楽しみに事欠かないのがゲーム好きないいところです!(*´ω`)

皆さんは今年どんなゲーム、イベントを楽しみにしているでしょうか?w

 

あたしとしては、なんにしても『FFXIV』の今後の展開は気になるところ…。
6.1以降のメインクエストの行方も勿論ですが、「次の10年への試み」というのもそう遠くないうちにお話を聞ける機会があるようで、果たしてどんなことになるのか(例えば、根本のシステムの改修・入れ替えであるとか…?)、とても楽しみです。

FFつながりで、結局2021年には新しい情報が開発の遅延から出せなかったという『FFXVI』も今年こそ(春頃だとか?)は新情報が解禁されるでしょうし、そちらも楽しみに待っています。(PS5を持ってないのはこの際気にせずに。。)

『ドラクエ12』や『ドラクエ3 HD-2D』もありますね。
こちらはいつ発売になるかまだまだ分かりませんがw

他にも『サイバーパンク2077』のDLC、『Saints Row』も出ますね…『ELDEN RING』も勿論楽しみですし、やってみたい、発売したけど買えてない!買ったはいいけどやれてない!!なんていうものもあります…(;・∀・)

周年を迎える作品で、なにか新展開がないかな?なんて待っているもの、『零』や『ペルソナ』、『サクラ大戦』なんかも何かあったら良いなぁ……

などと楽しみは尽きませんねw

 

昨年は『新サクラ大戦』の舞台に大盛り上がりだったと書きましたが、今年もすでに春にはライブが決まっているので、そちらも今から楽しみですw(周りにサクラファンがいないことが残念…!)

今年はもう少しそういった舞台鑑賞や芸術鑑賞に足を運べたらいいなと思っています(*´ω`)

 

 

…と、相変わらず実のない内容ですが、そこはもう平常運転…今年も「あぁ、そんなのやってたんだなぁ」くらいの気持ちで眺められるブログを書き連ねていきたいと思います。

今年も鴻田さやと『さやさや鳴ったら』をよろしくお願い致します!

 

鴻田さや

| 【中古】SONY デジタルカメラ Cyber-shot WX220 光学10倍 ブラック DSC-WX220-B | コメント (0)

2021年12月31日 (金)

【ブログ】 今年もありがとう御座いました。 【日常】

 

2021年ももう大晦日…
恒例の今年最後の更新、今年〆のご挨拶です。

毎年毎年の繰り返しですが、今年もゲーム内外問わず、お世話になったFCメンバー、LS、CWLS(暁月諸々落ち着いたら、また顔出します…!)メンバー、そして、≪紫の詩≫にご来店頂いた皆さん、ありがとう御座いました。

そして、皆さんも一年お疲れさまでした。

また是非来年も宜しくお付き合い頂けると幸いです。

 

 

さて。

今年は皆さんにとって、どんな一年だったでしょう?
去年から続く世の中のバタバタもあり、何かと忙しなかった方もいるでしょうし、新しい生活様式に少し慣れてきた、という方もいらっしゃるでしょうか?
逆にまだまだ大変な思いをされている方も大勢いらっしゃるかもしれません。

なんにせよ、今少しだけ落ち着いてきた(かのような?)状態が、来年も続いて、ようやく“新しい日常”が“日常”に取って代わるようになることをまず期待したいと思います。

 

  

とは言え!

ここは趣味のブログですので趣味のことを書くと、全体として今年はとても良い一年でした!

 

(もちろん悲しいこともありました。あたしが大好きな漫画家の三浦健太郎先生が突然亡くなってしまったり、あたしの人生初RPGであるドラクエ音楽の作曲家であるすぎやまこういち先生が亡くなってしまったり…。

ただ、それを暗い話として書くところではないなと思いますので。)

 

 

ゲームをとってみても今年は本当に豊作で、まずは先日の『FFXIV 暁月のフィナーレ』!

一先ずメインクエストをクリアしましたが(まだネタバレを避けるとして。)、今まで新生からずっと走り続けてきた物語が終わった…というとちょっと正しくないかもしれません…ようやく少し休憩する時間が出来た、そんな感じでしょうか。

だってまだまだこれからも、「今日は何をしよう」が続いていくわけですし、この先何が待ち受けているのかは全く分かりませんが(6.1以降のメインクエストは本当に想像つきません…。)、「旅人は新天地に目を輝かせるもの」ですからねw

 

他にも…

『バイオハザード ヴィレッジ』はあたし好みの探索要素、武器要素、アクション要素のミックス具合(あたしはバイオ4が大好きなんですが、それに近いミックス具合だったと思います。)で、歴代バイオの中でもすごく良いゲームでした(*´ω`)

『テイルズオブアライズ』も忘れてはいけません。
久しぶりにプレイした『テイルズ』でしたが、プレイしていて諸々の要素すべて組み合わさったうえで「楽しい」という、ゲームのお手本のようなゲームでした。しばらくやっていなかったシリーズですが、今作での飛躍から、気が早くも次作への期待が高まった、あるいは期待するようになったという方も多いんじゃないでしょうかw

発売自体は昨年でしたが、『サイバーパンク2077』も最初の評価はどうあれ、ものすごいゲームでした。
あれだけの世界を作り上げたことも驚きですし、なによりゲームも楽しい!
一旦は一区切りにしてありますが、折に触れて触りたくなる(『TES:V』と同じ路線です(^-^; )ゲームです。

 

ゲームだけでなく、このブログでも毎回書いていますが、『新サクラ大戦』の舞台熱が高かったのも、あたしにとってはとても嬉しい一年でした。

昨年はそう言ったリアルイベント系は軒並み中止だったので、そういった養分(?)をなかなか吸収出来なかったのですが、今年はその分を取り戻すように開催側も観客も感染対策をしっかりとして、新サクラの舞台関係に足しげく通った一年でした。

こんなに同じシリーズ物の舞台やライブに一年で何度も行ったのはこれが初めてじゃないでしょうか…?

…あ、ブロマイドを買ったのも人生初めてでしたw

 

 

…他にも色々楽しんだものはありますが。

何にせよ、来年の楽しみ(…はたぶん新年のご挨拶記事で書きますw)に期待しつつ、来年こそはと平穏を願いつつ。

皆さん、よいお年を。

 

 

 

…あ、去年の大晦日記事で「あたしは来年PS5買えるのかどうか!?」と書きましたが、買える気配もないです。いやまぁ、思ったよりはだいぶ緩やかな発進になっているので、慌てる必要はないなというのが一年経過した感想ではあるんですが…w

 

| | コメント (0)

2021年12月24日 (金)

【日常】 二つの焔と浪漫の嵐。

今年は本当に『サクラ大戦』熱の盛り上がった1年でした!

その〆に相応しい舞台!

 

» 続きを読む

| iPhone アイフォン iPhone13 12 mini pro クリア ケース iPhone13 12 ハイブリッド クリア ケース 透明 坂本龍馬 人の世 | コメント (0)

«【おやすみ前のエオルゼア】 『暁月のフィナーレ』開幕!